気軽に痩せることができる方法や知識を身につける

Food

健康に気をつける

コレステロールの種類

健康診断で血液検査をしたところ中性脂肪が高く、LDLも高いがHDLが低い高脂血症と判断されることは方がいるのではないでしょうか。 食事で脂っこいものを控えてコレステロールを極力とっていないのに変わらないことがあります。 肝臓から栄養分とコレステロールをもって全身にエネルギーを供給するのですが、LDLは栄養分を渡し切ったコレステロールが多い物質です。一方HDLは末端からの帰り道にコレステロールを回収していってくれるいいものです。よってLDLが高くHDLが低いということはコレステロールを持った物質が体中を循環していることになります。 食事制限をしても大部分は生合成で作られるため、明確な効果が期待できません。

サプリメントによるダイエット

1か月数千円の肥満症のサプリメントが売られています。血液中の脂肪を減らすことは健康にもつながり、高脂血症予防にもなるため、お勧めです。 しかし薬だけではやはり効果は期待できません。 運動することにより体の細胞を活性化することにより中性脂肪だけでなく、コレステロールも低下させることができます。 若い女性で油を摂取しないダイエットをしている方がいますが、コレステロールは細胞にある程度の堅さを与える役割と油による潤滑油の働きにも貢献しています。 つまり全くとらないと必要分は生合成だけでは足らず、体調不良を引き起こす原因となります。 コレステロールの合成も年を取ると低下してきます。代謝も低下するため、同じ量食べていると太りますが、必要なエネルギーをバランスよく摂取しているとそのうち治る方もいます。